痩せる炭水化物の見分け方 - パーソナルジムACTX

痩せる炭水化物の見分け方

こんにちは!
パーソナルジムACTX代表の藤原由秀(ふじわらゆいひで)です。

このブログでは
「痩せたいけど、何から始めたらいいかわからない方」
「運動はしているが効果が実感できない方」
「なかなかダイエットの継続ができない方」
「自分に合うトレーニング法がわからない方」

こんなお悩みを持つ方に運動初心者が2ヶ月で-10kg痩せるダイエットジムを経営する私が健康的に痩せる為のちょっとしたコツについて発信していきます♪

ダイエットにおける食事のポイントは「糖質の摂取量を減らす」ことです。

しかし、炭水化物をゼロにするような極端な方法は、『長続きしない』といった観点からあまりオススメできません。つまり正しく炭水化物を見極めて、必要な種類を摂ることが大切なんですよね。

今回は「正しく炭水化物を摂ろう」というテーマで「太る炭水化物」と「痩せる炭水化物」の見分け方についてお話ししていきます。

本日の内容

1.食欲を抑える

2.エネルギー消費量を増やす

3.筋トレの効果を高める

4.プロテインを活用しよう

痩せる炭水化物を見分けるポイント

先に結論からお伝えすると、太る炭水化物と痩せる炭水化物を見分けるポイントは「加工しているか、していないか」です。

白米や小麦粉(パン、パスタ、ラーメンなど)といった精製された穀物が「太る炭水化物」、玄米や全粒粉のような精製されていない全粒穀物が「痩せる炭水化物」となります。

加工により「太る炭水化物」に

もともと食物繊維が多い食物でも加工すれば「太る炭水化物」になります。

なぜなら、炭水化物は『糖質と食物繊維』からできているので、食物繊維を取り除けば、残りは糖質のみになってしまうからです。

例えば・・

例えば白米も、もとは玄米です。玄米は果皮(ふすま)、胚芽、胚乳の3つの部分からなり、それぞれに異なった栄養素が含まれています。

つまり、玄米は食物繊維を含む「やせる炭水化物」ですが、精製した白米は、食物繊維が少なく『糖質のみ』になるので「太る炭水化物」になるわけです。

太る炭水化物

・白米

・パン

・パスタ

・うどん

・ラーメン

・小麦を使った蕎麦など

痩せる炭水化物

・大麦

・もち麦

・玄米

・オートミール

・全粒粉のパン

・全粒粉のパスタなど

まずは全粒穀物に置き換えよう

1日あたりの精製穀物の摂取量が90gを超えると『肥満のリスクが高まる』と言われています。

これからダイエットを始める方は、まずは太る炭水化物(精製穀物)を痩せる炭水化物(全粒穀物)に置き換えることから始めてみてくださいね。

今回は「正しく炭水化物を摂ろう」というテーマで「太る炭水化物」と「やせる炭水化物」の見分け方についてお伝えしました。

1日の食事の中で炭水化物食が多くなってしまっている方は、炭水化物の量を減らしながら、玄米やブランパンなどの全粒穀物に置き換えてみてください。

今回の内容が皆さんの参考になれば嬉しいです。

要約

1.太る炭水化物と痩せる炭水化物を見分けるポイントは「加工しているか、していないか」

2.精製穀物の摂取量が増えると肥満のリスクが高まる

3.まずは精製穀物から全粒穀物に置き換えよう

ーーー

私の経験が少しでもお役立て頂ければと思います^ ^

〜毎月10名限定zoomで無料相談受付中〜

(ゆるっとお話ししましょう☺︎)

友だち追加

ーーー

インスタグラム毎日更新中!

執筆者:藤原 由秀
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムでパーソナルトレーナーとして経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。詳しいプロフィールはこちら