ダイエットの始め方

こんにちは!
パーソナルトレーニングジムACTX代表の藤原由秀(ふじわらゆいひで)です。

このブログでは
「痩せたいけど、何から始めたらいいかわからない方」
「運動はしているが効果が実感できない方」
「なかなかダイエットの継続ができない方」
「自分に合うトレーニング法がわからない方」

こんなお悩みを持つ方に運動初心者が2ヶ月で-10kg痩せるダイエットジムを経営する私が健康的に痩せる為のちょっとしたコツについて発信していきます♪

早速本題に入っていきます!

本日の内容

1.ダイエットの基本原則

2.最初から自分を追い込まない

3.食事から手をつける理由

4.筋トレを始めるタイミング

5.「停滞期」になる理由

6.最初にグッと体重が落ちる理由

ダイエットの基本原則

ダイエットは、「エネルギー摂取量」と「エネルギー消費量」のバランスをマイナスに整えることが基本です。

つまり、食事の摂取量を減らしながら、運動によって消費量を上げていき、エネルギー収支をマイナスにもっていくことが減量のポイントです。

食事管理と運動は、セットで行うことでより効率的に体重を減らすことができるというわけです。

最初から自分を追い込まない

とはいえ、突然ストイックな生活習慣を始めると、長続きしない可能性があります。どんなに良い方法でも「継続」ができなければ意味がありません。

したがって、ダイエットを始めたばかりの初期段階では「食事管理のみ」から行うことをオススメします。

食事から手をつける理由

食事管理から手をつけることをオススメする理由は、運動よりも、食事の方が簡単にエネルギー収支をマイナスにすることができるからです。

例えば、ポテトをサラダに代えるだけで400kcalのエネルギー摂取量を減らすことができます。同じ400kcalを運動で消費するなら、45分間のジョギングが必要です。

皆さんはポテトをサラダに代えることと、45分間のジョギングをすることはどちらが楽だと感じますか?答えは一目瞭然です。

最初にグッと体重が落ちる理由

ダイエット初期に生じる体重減少は、主に水分やグリコーゲン、タンパク質の損失に起因しています。そして後期に入るとようやく脂肪が減少していきます。

このように時期による体重減少の因子が異なることにより、体重1kgを減らすためのエネルギー量が変わるのです。

筋トレを始めるタイミング

上記の理由から、「食事管理のみのダイエット」を一定期間以上を続けていくと、途中で痩せにくくなります。

例えば、1ヶ月が経過すると徐々に体重の減り方が緩やかになり、3ヶ月が経つと同じ食事では落ちにくい「停滞期」に突入します。

筋トレを始めるタイミングは、食事管理のみのダイエットをスタートして、体重の減り方が緩やかになる前の初めて2〜3週間の辺りがベストだと考えます

「停滞期」になる理由

ダイエットの初期と後期では、体重1㎏を減らすために必要なエネルギー量が異なることがわかっています。

ある研究では、ダイエット開始から4週目では平均4858kcalでしたが、24週目になると7000kcalまで増加しました。

この結果からダイエットの期間に応じて、エネルギー消費量を増やしていかなければ、痩せづらくなるということが考えられます。

要約

1. まずは2週間食事管理を徹底する

2. 体重の減少が緩やかになってきたら、筋トレスタート

3.食事管理と並行しながら筋トレの負荷を徐々に上げ消費エネルギーを増やそう

ーーー

私の経験が少しでもお役立て頂ければと思います^ ^

〜毎月10名限定zoomで無料相談受付中〜

(ゆるっとお話ししましょう☺︎)

友だち追加
執筆者:藤原 由秀
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムでパーソナルトレーナーとして経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。詳しいプロフィールはこちら