筋トレを続けるための技術

こんにちは!
パーソナルトレーニングジムACTX代表の藤原由秀(ふじわらゆいひで)です。

このブログでは
「痩せたいけど、何から始めたらいいかわからない方」
「運動はしているが効果が実感できない方」
「なかなかダイエットの継続ができない方」
「自分に合うトレーニング法がわからない方」

こんなお悩みを持つ方に運動初心者が2ヶ月で-10kg痩せるダイエットジムを経営する私が健康的に痩せる為のちょっとしたコツについて発信していきます♪

早速本題に入っていきます!

前回の記事で筋トレによる様々な効果をお伝えしました。

今回は筋トレを続ける為のちょっとしたコツをお話しできればと思います。

本日の内容

1.筋トレが続く人の確率

2.筋トレはなぜ続かないのか?

3.やる気を高める方法

筋トレを続けられる人は4%

実は、筋トレを始めた人のなかで「1年間続けられる人は、わずか4%に満たない」というデータがあります。

人々にこれほどの恩恵をもたらすにも関わらず、なぜ多くの人が筋トレを続けることができないのでしょうか。

継続できない理由は生理的な反応?

人は元来、少ない摂取エネルギーを狩猟や生殖活動へ優先的に使用し、それ以外の余暇の時間は極力、エネルギーを使用しないように最適化され、進化したと言われています。

つまり筋トレが続かないのは、私たちの意志が弱いわけではなく、エネルギーを無駄遣いさせない為の自然な生理的反応なわけです。

やる気を理解しよう

ですから、普通に過ごしていたらやる気が出ないのは当たり前なのです。ただ、やる気を出す為にはちょっとしたコツがあるんですよね。

それは、脳の「側坐核」という部分を刺激してあげることなんです。ここを刺激すると、やる気物質であるドーパミンが分泌されて、やる気がでます。

ポイントは「とりあえず始めること」

側坐核を刺激させるには、今と違うちょっとした行動を始めることです。

例)ソファから立ち上がる。

観葉植物に水をあげる、トイレにいくなど。

何か行動を始めると、ドーパミンが出てやる気が湧いてきたり、もっと行動的になることができます。

スクワットを3回だけやってみよう!

まずは、その場でスクワットを3回だけやってみてください。やっている内に、やる気が出るはずです。

以前とある番組の中で、東大生が「5分間勉強法」というやり方を提唱していました。

筋トレも同じです。「やる気があるから筋トレをするのではなく、筋トレをするからやる気になる」のです。

やる気が出ない時は誰にでもありますが、やる気をコントロールすることができると、継続が容易になります。

要約

1.筋トレが続かないことは生理学的にしょうがないことである。

2.やる気を出すポイントは「とりあえずやってみる」こと

3.まずはスクワット3回やってみる。3回できたら、そのまま10回やってみよう

ーーー

私の経験が少しでもお役立て頂ければと思います^ ^

〜毎月10名限定zoomで無料相談受付中〜

(ゆるっとお話ししましょう☺︎)

友だち追加
執筆者:藤原 由秀
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムでパーソナルトレーナーとして経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。詳しいプロフィールはこちら