意志力の鍛え方

こんにちは!
パーソナルトレーニングジムACTX代表の藤原由秀(ふじわらゆいひで)です。

このブログでは
「痩せたいけど、何から始めたらいいかわからない方」
「運動はしているが効果が実感できない方」
「なかなかダイエットの継続ができない方」
「自分に合うトレーニング法がわからない方」

こんなお悩みを持つ方に運動初心者が2ヶ月で-10kg痩せるダイエットジムを経営する私が健康的に痩せる為のちょっとしたコツについて発信していきます♪

「意志力」これはダイエットに限らず、仕事においても通づる、大切なことだと思っています。ただ「決定疲れ」により、脳がうまく反応しなくると、判断力と同時に意志力も低下してしまいます。

では、どうすれば決定疲れを回避し、意志力を適切に使うことができるのでしょうか。今回は「意志力の鍛え方」と「意志力の無駄遣いを防ぐ方法」についてお伝えしていきます。

本日の内容

1.意志力の鍛え方

2.意志力の無駄遣いを防ぐ方法

3.いつも「頑張ろう」と思える自分になろう

簡単なことでOK!とにかく行動しよう

まずは、簡単なことでいいので「行動する」癖をつけましょう。

例)
寝ながらストレッチをする
その場で筋トレを開始する、など

これができたら、徐々に難易度を上げていきます。

例)
寝ながらストレッチをする

YouTubeを見ながら筋トレをする

ジムに行って筋トレをする、など

ダラダラ過ごさない

ポイントは漠然と行動しないことです。なんとなくSNSを見ているだけでも

「どの投稿にいいねを押すか」
「誰の記事を読むべきか」

などで、実は意志力を消耗しているんです。ダラダラせずに「決めて、やり切る」習慣をつけましょう。

「決めて、やり切る」を繰り返すことで、意志力は鍛えることができるからです。

行動をルーティン化する

また、「意志力の無駄遣いを防ぐ」ことも重要です。なぜなら、意志力は有限だからです。

何も考えず自動的に行動できるルーティンを取り入れれば、それに要したであろう意志力を、重要なことのために取っておくことができるんですよね。

アップルの創業者であるスティーブ・ジョブズは、毎日同じ服を着ていたことで有名です。

このように、洋服選び、食事選び、運動のメニューなど、普段から何気なく意思決定していたことを、あらかじめ決めておいて、ルーティン化しましょう。

誰かとやる、もしくは誰かに報告する

共通の目標を持つ人と時間を決めて一緒に行う、またはオンラインのグループを作り、習慣を達成できたら報告し合うなどもオススメです。

「他者を巻き込む」のは習慣化の成功率が格段に上がるからです。

1人でダイエットを行うより、パーソナルトレーナーをつけた方が確実に痩せられるのはそのためです。

いつも「頑張ろう」と思える自分に

人は感情の生き物です。どうしてもモチベーションが下がってやる気が出ない時や、時間がなくて「今日はやらなくて良いかな」と思ってしまうような時は誰にでもあると思います。

ただ、そんな時に「でも頑張ろう」と思えるか、思えないかで後々の結果が大きく変わることも事実です。

「決めて、やり切る」ことで意志力を鍛え、日々の意思決定をルーティン化して「意志力の無駄遣いを防ぐ」ことで、常に「頑張ろう」と思える自分になることができます。是非参考にしていただけると嬉しいです。

要約

1. 「決めて、やり切る」を繰り返し、意志力を強化する習慣をつけよう。

2.目的がなく、ダラダラ過ごすのを直ちにやめよう

3. 行動を「ルーティン化」して意思決定の数を減らし、決定疲れを回避しよう

4.「他者を巻き込む」ことで成功率は格段に上がる。友達をジムに誘おう、またはトレーナーに食事を報告しよう

ーーー

私の経験が少しでもお役立て頂ければと思います^ ^

〜毎月10名限定zoomで無料相談受付中〜

(ゆるっとお話ししましょう☺︎)

友だち追加

ーーー

インスタグラム毎日更新中!

執筆者:藤原 由秀
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムでパーソナルトレーナーとして経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。詳しいプロフィールはこちら