筋トレはお腹をへこませる

こんにちは!
パーソナルトレーニングジムACTX代表の藤原由秀(ふじわらゆいひで)です。

このブログでは
「痩せたいけど、何から始めたらいいかわからない方」
「運動はしているが効果が実感できない方」
「なかなかダイエットの継続ができない方」
「自分に合うトレーニング法がわからない方」

こんなお悩みを持つ方に運動初心者が2ヶ月で-10kg痩せるダイエットジムを経営する私が健康的に痩せる為のちょっとしたコツについて発信していきます♪

早速本題に入っていきます!

本日の内容

1.肥満の種類

2.注意すべきは「内臓脂肪型肥満」

3.内臓脂肪肥満かどうかチェックしよう

4.内臓脂肪を減らすには

肥満は2種類ある

内臓脂肪と皮下脂肪の2種類に分けられます。

中年男性に見られるようなぽっこりお腹の肥満は、内臓脂肪が蓄積しているタイプ「内臓脂肪型肥満」に当てはまります。

一方、太もも(大腿部)や臀部の皮下に脂肪が蓄積しているタイプの肥満を「皮下脂肪型肥満」です。

脂肪がつく順番

脂肪が付く原因は、糖質のとりすぎです。とりすぎた糖質は、まず皮下脂肪につきます。

それでもさらに過食が続くと、次に内臓脂肪と肝臓などに脂肪がつきます。肝臓に脂肪が付くと、脂肪肝となるわけです。

注意すべきは「内臓脂肪型肥満」

健康に悪い肥満は「内臓脂肪型」です。

生活習慣病との関連が高く、糖尿病や高血圧、脂質異常症の危険因子とされているからです。

内臓脂肪型肥満かどうかチェックしよう

メジャーを用意して、へその高さの腹囲を、素肌の上から測ります。

正確に測るために、メジャーを水平が水平になるように心がけてください。

腹囲が男性は85cm以上、女性は90cm以上あると、内臓脂肪型肥満の可能性が高いといえます。

内臓脂肪を減らすには食事制限+筋トレ

皮下脂肪の減少効果は、食事制限のみと食事制限+筋トレであまり違いがありませんでした。

しかし、内臓脂肪の減少効果は、筋トレの有無で1.3倍程度の違いが示されました。

要約

1.肥満には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類がある

2.注意すべきは「内臓脂肪型肥満」である。生活習慣病や糖尿病の原因となるため

3.内臓脂肪肥満かどうかチェックしよう。腹囲が男性85cm以上、女性は90cm以上ある人は危険

4.内臓脂肪を減らすには食事管理と筋トレを始めよう

ーーー

私の経験が少しでもお役立て頂ければと思います^ ^

〜毎月10名限定zoomで無料相談受付中〜

(ゆるっとお話ししましょう☺︎)

友だち追加
執筆者:藤原 由秀
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムでパーソナルトレーナーとして経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。詳しいプロフィールはこちら