脂肪を減らすには炭水化物に気をつけよう

こんにちは!
パーソナルトレーニングジムACTX代表の藤原由秀(ふじわらゆいひで)です。

このブログでは
「痩せたいけど、何から始めたらいいかわからない方」
「運動はしているが効果が実感できない方」
「なかなかダイエットの継続ができない方」
「自分に合うトレーニング法がわからない方」

こんなお悩みを持つ方に運動初心者が2ヶ月で-10kg痩せるダイエットジムを経営する私が健康的に痩せる為のちょっとしたコツについて発信していきます♪

早速本題に入っていきます!

前回の記事で脂肪を減らすには運動だけと難しく、運動にプラスして食事管理が必要であるというお話をしました。今回は、具体的に「食事の中で何を、どれくらい減らせばいいのか」について書いていきたいと思います。

本日の内容

1.体脂肪率を落とす方法
2.1日の炭水化物量の目安
3.脂肪が燃え始めるのは始めてからどれくらいか

体脂肪率を落とす方法

どうすれば、体脂肪を燃やすことができるのでしょうか。

それは、炭水化物の摂取を減らして、体内の糖質量を減らすことです。

まずは炭水化物を1日1食にしよう

まずは現在の炭水化物の量を見直しましょう。

特に、脂肪になりやすい栄養素は炭水化物である為、ご飯、パン、麺、小麦類をできる限り減らしてみてください。

2週間経つと徐々に脂肪が燃え始める

糖質制限をして2週間ほど経つと、体内の糖質が徐々に枯渇していき、脂肪細胞がエネルギーとして使われるようになります。

糖質制限と週2回の筋トレでできるだけ早くこの「回路」を稼働させましょう。

要約

1. 体脂肪率を落とす為には、炭水化物量を減らす必要がある

2. 具体的には、1日の炭水化物食の摂取を1回にする

3.糖質制限を始めて2週間で脂肪が燃え始める。糖質制限と一緒に筋トレを行うとより効果的に脂肪が燃える

ーーー

私の経験が少しでもお役立て頂ければと思います^ ^

〜毎月10名限定zoomで無料相談受付中〜

(ゆるっとお話ししましょう☺︎)

友だち追加
執筆者:藤原 由秀
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムでパーソナルトレーナーとして経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。詳しいプロフィールはこちら