「自分を変える」ための4つのステップ

自分を変えたい時はまず、どのように変わりたいのかを明確にし、理想の自分になるための計画を立てる必要があります。

漠然と「自分を変えたい」と思っているだけでは、いつまでも状況は変わらないんですよね。

今回は、自分を変えるための4つのステップについてお話ししていきます。

本日の内容

1.どのように変わりたいのかを決めましょう

2.変わるための計画を立てましょう

3.「目標の期限」を設定しましょう

4.変わった後のことをイメージしましょう

①どのように変わりたいのか決める

まずは、どのように変わりたいのかを決めていきましょう。

冒頭でお話しした通り、「自分を変えたい」と漠然と考えているだけでは、行動につながりにくいんですよね。

なぜなら、人は「なるべく楽をしよう」と考える生き物だからです。

目標を決めなければ、つい目の前のSNSやゲームなど、楽な方向に流されてしまいます。

「自分がどのようになりたいのか?」

「どう変わりたいのか?」を具体的にイメージしましょう。

もし、理想の姿がなかなか思い浮かばないようであれば、現状の「不満」を書き出してみてください。

そして、それを克服するためには、どんな変化が必要であるかを考えると、理想の姿が見えてきます。

②計画を立てる

「どのように変わりたいのか」という目標を設定した後には、変わるための計画を立てましょう。

計画を立てるポイントは、「外見を変える」という漠然としたものではなく、

「髪型と体型を変える。そのために、明後日美容室へ行って〜の髪型にする。体重は3ヶ月後までに3キロ痩せる」

といったように、なるべく具体的に計画を立てることをオススメします。

具体的な計画を立てることで、「自分を変えたい」と漠然と思っていた時よりも、思いを強くすることができるんですよね。

③期限を設定する

次に、「目標の期限」を設定しましょう。

期限がある方が行動に移しやすく、モチベーションが高まります。

逆に、期限を設定しないと、なかなか行動に移せずに、結局自分を変えられないという結果になってしまうことがあります。

また、長期的な目標の場合は、併せて短期的な目標も決めましょう。

僕自身、トレーナーとして、お客様の目標設定をさせていただく際は、長期的な目標だけでなく、短期的な目標も設定するようにしています。

こうすることで、途中で挫折してしまうことを防ぐことにつながるんですよね。

④変わった後に何がしたいかをイメージする

最後は、自分が「理想的な状態に変わったら、何がしたいのかを明確にする」です。

例えば、「痩せたあと、綺麗なドレスを着たい」といったことです。

自分が変わった後に何をしたいのか、ご褒美的なものを明確にイメージすることで、変わるための気持ちが強化されます。

ぜひ、ワクワクしながら、自分が変わった後のことをイメージしてみましょう。

今回は、自分を変えるための4つのステップについてお話ししました。

自分を変えることは決して、簡単なことではありませんが、この手順に従い、行動計画を立て、行動を継続していければ、ほとんどの人は「自分を変える」ことができると、考えています。

僕自身、今の自分を変えたいと強く思いながら、日々色々なことに取り組んでいます。

今、この記事を読んでいただいているあなたと、お互いの目標に向かって頑張っていけたら嬉しいです。

このページの下に、僕の公式LINEを添付していますので、目標が決まったら是非LINEで教えてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

要約

1.どのように変わりたいのか決める

2.変わるために何をするのか計画を立てる

3.いつまでに変わるのか期限を設定する

4.変わった後にしたいことをイメージする

ーーー

私の経験が少しでもお役立て頂ければと思います^ ^

〜毎月10名限定zoomで無料相談受付中〜

(ゆるっとお話ししましょう☺︎)

友だち追加

ーーー

インスタグラム毎日更新中!

執筆者:藤原 由秀
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムでパーソナルトレーナーとして経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。詳しいプロフィールはこちら