1日2Lの水分を摂ろう

こんにちは!
パーソナルトレーニングジムACTX代表の藤原由秀(ふじわらゆいひで)です。

このブログでは
「痩せたいけど、何から始めたらいいかわからない方」
「運動はしているが効果が実感できない方」
「なかなかダイエットの継続ができない方」
「自分に合うトレーニング法がわからない方」

こんなお悩みを持つ方に運動初心者が2ヶ月で-10kg痩せるダイエットジムを経営する私が健康的に痩せる為のちょっとしたコツについて発信していきます♪

ダイエットは食事と運動の改善がベースですが、水分を摂取することも同じぐらい重要なんですよね。

では、なぜ水分摂取が重要なのでしょうか。今回は「どのくらいの量を飲めば適切」なのかや「水を飲むと痩せる」と言われる理由をお話していきます。

本日の内容

1.1日に必要な水分量とは

2.代謝が改善される

3.食べ過ぎの予防に繋がる

4.便通が改善される

1日に必要な水分量とは

人は普通に生活しているだけでも、発汗や呼吸、老廃物の排出などにより多くの水分を失っているんですよね。

ちなみに、運動しない男女の1日の平均排出量は、女性が2L、男性が2.5Lと言われています。

したがって、1日に最低でも女性は2L、男性は2.5L以上は水分を摂取する必要があります。

次に水を飲むと痩せる理由について3つお伝えしていきます。

ダイエットに効果的な理由

1.代謝が改善される

まず1つ目は「代謝の改善」です。

水を適切に摂ると、体の代謝をスムーズにしてくれる効果が期待できるんですよね。

ちなみに、代謝とは、食べたものから必要な栄養素を取りこみ、不要なものを体外へ排出するという一連の流れを指します。

そして、この「一連の流れ」(栄養の運搬や老廃物の排出)は血液によって行われますが、血液は約9割が水分なんです。

そのため、水分が不足すると血液の流れが悪くなり、体内に老廃物が溜まりやすくなってしまうんですよね。

適切な水分補給をすることで、このような事態を予防しやすくなります。

2.食べ過ぎの予防に繋がる

2つ目は「食べ過ぎの予防」です。

食事中に水分を摂ると、自然と食べるペースがゆっくりになるため、満腹感を得やすくなるんですよね。

いつもより少ない食事量で同じ満腹感が得られれば、それだけ全体の食事量を少なく抑えることに繋がります。

食事前、または食事中の適度な水分補給は食べ過ぎ予防に効果的です。

3.便通が改善される

3つ目は「便通の改善」です。

水分摂取をすることにより、便がやわらかくなり、排便を促す効果が期待できます。

便秘になると、腸内の悪玉菌が増えてしまうのですが、実はこれが「肥満」と密接に関わっているんですよね。

適切な水分補給で排便を促し、腸内環境を整えることは、肥満の予防に効果的なんです。

今回は「1日に必要な水分量」や「水を飲むと痩せる理由」についてご紹介してきました。

ダイエットでは、ついつい食事と運動ばかりに意識が向きがちになりますが、「水分摂取」も同じぐらい大切なポイントです。

ライフスタイルによって人の生活は様々ですが、水を飲むことを意識してみるだけで体質改善ができ、ダイエットに繋がるというのは嬉しいですよね。

要約

1. 1日に最低でも女性は2L、男性は2.5L以上の水分を摂ろう

2.水を飲むと痩せる理由は「代謝の改善」「食べ過ぎの予防」「便通の改善」に効果的だからです

3. 1日に摂取する水分量を増やすことで、上記3つを改善し、ダイエットを成功させよう

ーーー

私の経験が少しでもお役立て頂ければと思います^ ^

〜毎月10名限定zoomで無料相談受付中〜

(ゆるっとお話ししましょう☺︎)

友だち追加

ーーー

インスタグラム毎日更新中!

執筆者:藤原 由秀
1991年千葉生まれ。 順天堂大学出身。大手パーソナルジムでパーソナルトレーナーとして経験を積み、2017年に独立。年間400人以上のクライアントを担当する。詳しいプロフィールはこちら